商品情報にスキップ
1 2

共進化のシナジー創造経営

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

共生説が現代に蘇ったのは、1967年、アメリカの女性生物学者リン・マーギュリスの「有系分裂細胞の起源について」という論文だという。一方、ほどなく日本の産業界──特に関西系企業において「共生(ともいき)経営」というコンセプトが打ち出されていた。またバブル期、当時の経団連会長平岩外四氏も「共生」(symbiosis)を提唱する。そして、ミレニアムを前後して、同様の経営コンセプトが重要視される。「複雑系」「適応」「オープンシステム」(開放系)「生態系」「共進化」等々──。いずれも、機械論的なパラダイムから、生命論的なそれへと、経営者たちの思考が移行しつつある証左と言えよう。このようなパラダイムの流れのなか、本稿はシナジー創造活動の要諦について解説する。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:16ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB200108-002

登録日:1900/1/4

発行号:2001年8月

著者名:キャサリン・M・アイゼンハート スタンフォード大学教授  D・シャルル・ゴルニック INSEAD准教授