商品情報にスキップ
1 2

「個」の行動分析から「全体」を予測する

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

2000年ノーベル経済学賞に輝いたのは、計量経済学を専門とするダニエル・マクファデン教授とジェームズ・ヘックマン教授。 その背景には、不確実性の時代において、より精緻な行動予測のシミュレーション・モデルが求められていることがある。「個」の選択行動を正確に把握し、積み上げていったモデルを構築することで、集合体の行動予測の制度を上げる。 定性的要因を定量化する分析アプローチにより、それは可能になる。だからと言って、統計結果を鵜呑みにして議論をすることは危険だ。統計データがバイアスを内包していては、議論の土台として意味を成さない。
では、どうすればバイアスを解消したモデルを構築するのか。どうすれば個の選択行動を理解できるのか。その目的を成し遂げるために、分析の本質、および分析力の身につけ方を両教授に尋ねた。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:20ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB200206-006

登録日:2002/7/1

発行号:2002年6月

著者名:ダニエル・マクファデン カリフォルニア大学バークレー校経済学部教授  ジェームズ・ヘックマン シカゴ大学経済学部教授 (解説)大林厚臣 慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授