商品情報にスキップ
1 2

信認の堕落

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

アングロサクソンの世界では「権力は必ず腐敗する」という考え方から強権には別の強権を用意して、対峙させる。 議会システムしかり、自由市場システムしかり、そしてコーポレート・ガバナンスもこれに続く。 経営者が口で何を訴えようと、現実には大なり小なり、その権力を利己的に行使している。 アメリカ産業界における「変革の騎士」、ニューヨーク州司法長官、エリオット・スピッツァーはこれこそが利益相反や企業不祥事の元凶であると言う。 その結果、「受託者義務」という信認関係は壊れ、これを取り戻すには法の遵守は言うまでもなく、経営陣は「ダモクレスの剣」をみずからに突きつけ、また機関投資家たちはそもそもの株主権を主張し、経営者報酬やガバナンスに介入すべきであると訴える。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:12ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB200412-010

登録日:2004/11/30

発行号:2004年12月

著者名:エリオット・スピッツァー ニューヨーク州司法長官  [聞き手] ルイーズ・オブライエン HBR コンサルティング・エディター