商品情報にスキップ
1 2

eランス経済の台頭

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

トーマス・W・マローンは、ITが組織にもたらす可能性について一貫してポジティブな主張を展開している人物として知られる。彼は1990年代、21世紀の組織のあり方を探る研究プロジェクト(“Inventing the Organizations of the 21st Century”)から得られた知見として、デジタル・ネットワークに結合された独立した個人という「eランサー」が価値を創造する「eランス・エコノミー」の台頭を本稿で提唱した。その主張は、21世紀をデジタル・ネットワークの進展によって、大企業が小さな単位に分割されていく過渡期ととらえるものである。
本稿は98年に発表されたものの、未訳となっていたが、このようなワーク・スタイルの変化が世界的に本格化しており、クリエイティブ経済の未来を予測するうえで一読に値する。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:11ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB200705-008

登録日:2007/4/25

発行号:2007年5月

著者名:トーマス・W・マローン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 教授  ロバート・J・ローバチャー マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント MITセンター・フォー・コーディネーション・サイエンス リサーチ・アソシエート