商品情報にスキップ
1 2

事業撤退の正しい方法

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

不況期のせいで、多くの企業が事業の廃止や縮小を余儀なくされている。このように痛みを伴う決断には、断固たる姿勢で臨むべきであると信じられているが、これは誤解であり、また大いなる間違いでもある。このような強硬路線では、残された社員のモラールやロイヤルティが低下し、その結果、事業や顧客に累が及び、最終的には株主価値を損なうはめになる。ケネス W. フリーマンは、幸か不幸か、35年以上にわたり、事業撤退とそれに伴う人員削減の現場ばかり経験してきた。彼は、事業撤退と人員整理には、時には強硬路線も必要だが、それにまして「柔和路線」が重要であると説く。
本稿では、彼の最初の職場であるコーニングをはじめ、医療検査機器メーカーのクエスト・ダイアグノスティックス、ドア・メーカーのメイソナイト・インターナショナル、医療器具メーカーのアクセレントでの経験をひも解きながら、事業撤退の正しいアプローチについて解説する。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:12ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB200908-005

登録日:2009/7/28

発行号:2009年8月

著者名:ケネス・W・フリーマン コールバーグ・クラビス・ロバーツ マネージング・ディレクター