商品情報にスキップ
1 2

社員のコミュニティが問題解決力を高める

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

さまざまな企業で、社員がグループを形成して知識を共有し、共通の問題に取り組んでいる。このような実践共同体(CoP: community of practice)は強力なマネジメント・ツールになる。専門家同士が知識とアイデアを共有する低コストで効率的な方法である。しかし、明確な説明責任と経営陣の監視がなければコミュニティはうまく機能しない。実際、有効なコミュニティは経営幹部にとって重要な問題に取り組んでいる。油田関連サービスのシュルンベルジェ、建設・エンジニアリング企業のフルーア、ファイザー、石油エネルギー企業のコノコフィリップス、国連インド事務所といった組織のコミュニティの運営の事例を通じて、非公式なネットワークの活用法を解説する。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:12ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB201012-005

登録日:2010/11/25

発行号:#N/A

著者名:リチャード・マクダーモット マクダーモット・コンサルティング 社長  ダグラス・アーチボルド ウォーリック・ビジネス・スクール アソシエート