商品情報にスキップ
1 2

[新訳]戦略の本質

通常価格 ¥1,320 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,320 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

戦略とは何か。マイケル・ポーターによれば、他社にはない「独自性」に優れたポジショニングであり、これを担保する「活動システム」の構築であり、そのために「トレード・オフ」を受け入れることであり、したがって「何をやり、何をやらないのか」を選択することだという。彼いわく、TQMやベンチマーキングなどの業務改善や効率化は模倣可能であり、およそ戦略ではない。また、かつて日本企業が低コストと高品質を武器に欧米のライバルを打ち負かしたというが、コストと品質はトレード・オフではなく業務改善の賜物であり、戦略の勝利ではないという。本稿は、彼の代表作『競争の戦略』と『競争優位の戦略』をめぐるさまざまな議論への答えであり、また反論でもあり、これを読まずして、ポーター戦略論を語ることはできない。本稿(邦訳)の初出は『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』1997年3月号で、再掲載に当たって新訳を施した。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:30ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB201106-003

登録日:2011/5/23

発行号:2011年6月

著者名:マイケル・E・ポーター ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー