商品情報にスキップ
1 2

コングロマリット経営を再評価する

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

欧米企業では選択と集中が進み、本業と無関係な分野への多角化経営は非効率と見なされるようになって久しい。ところが新興国市場では、無関係な分野にも多角化を続ける企業グループが躍進著しく、収益性や成長性で専門特化型企業を凌いでいる。企業グループか事業部制か。両者の意思決定、インセンティブの設計、資源配分などの違いを概観する。事例では、中国やインドの企業グループを例示しながら、グループ傘下各社を束ねるグループ・センターが、戦略面とアイデンティティ面で果たす役割を紹介する。新興国の事例からいま一度コングロマリット経営の価値を見直す意義がある。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:13ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB201405-008

登録日:2014/4/25

発行号:2014年5月

著者名:J・ラマチャンドラン インド経営大学院バンガロール校 教授  K・S・マニカンダン インド経営大学院ティルチラパリ校 助教  アニルバン・パント インド経営大学院カルカッタ校 助教