商品情報にスキップ
1 2

企業が独自のプラットフォームを築く方法

通常価格 ¥880 JPY
通常価格 セール価格 ¥880 JPY
セール 売り切れ
税込み。
書籍サイズ
ページ数

アマゾン・ドットコムのようなオンライン小売業者が力を増すことで、メーカーはプラットフォームの基準に沿った販売戦略しか取れず、競合との差別化が難しくなっている。しかし、アマゾンなどに依存せず、独自のプラットフォームを築くことで成功しているナイキやボッシュといった企業もある。これらのプラットフォームは、消費者やサードパーティ企業などを価値創造プロセスに巻き込むことで、アマゾンらが満たせていない消費者のニーズに応えている。本稿では、「道具としてのプラットフォーム」「ガイドとしてのプラットフォーム」「キャンバスとしてのプラットフォーム」「仲間としてのプラットフォーム」という4種類のプラットフォームのあり方を提示する。そのうえで、それぞれの特徴やリスク、移行方法などについて論じていく。

【書誌情報】

※印刷は全てモノクロ印刷となります。

ページ数:13ページ

サイズ:A4

商品番号:DHBL-HB202212-002

登録日:2022/11/25

発行号:2022年12月

著者名:ジュリアン R. K.ウィヒマン ケルン大学 助教授  ニコ・ウィーガンド アムステルダム自由大学 准教授  ベルナー J.ライナルツ ケルン大学 教授