コレクション: 2007年7月 消費者「理解」のマーケティング

企業は、何のためにマーケティング活動を行うのか―――。もちろん、製品、サービスの差別化が目的であるが、差別化とは、消費者の共感を得ることにほかならない。ところが、本来、消費者のニーズを知り尽くすために行っているはずの活動が、いつしか供給側の視点によって行われ、製品のユーザビリティ、顧客接点におけるサービスの質など「マーケティングのためのマーケティング活動」になってはいないだろうか。本特集では、消費者の視点という原点を見失ってはならないことをいまあらためて再考させられる、秀逸な論文を収録した。

絞り込み:

ブランド
0個が選択されました リセット
出品状況
0個が選択されました リセット

8個の商品

絞り込みと並び替え

絞り込みと並び替え

8個の商品

ブランド
出品状況

8個の商品